風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



軽量・高強度のアルミニウム製ハンドルバーシリーズ発売

ビーズ株式会社

ビーズ株式会社(本社=大阪府東大阪市、代表=大上響)は、自転車ブランドの「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、軽量・高強度のアルミハンドルバーシリーズを発売する。

交換したことが実感できる仕様に。

自転車でも最適なライディングポジションにて乗車することが望ましいとされているが、ほとんどの場合「自転車を購入したまま」調整がなされること無く「自転車に自分を合わせる形で」乗ることが多い。

特にクロスバイクやロードバイクといったスポーツバイクの場合は、乗車ポジションが乗り心地に大きく影響。例えば、サドルが低ければ、脚力を推進力にうまく変換することは難しくなり、身体とハンドルの距離が遠ければ、無理な姿勢となり疲労を増幅させる。ユーザーの身体の柔軟性や手足の長さによって最適なポジションが存在。これに設定することが快適な走行に結びつく。

そのように乗車姿勢を決定するのに重要な役割を持つパーツのひとつが「ハンドルバー」。せっかくの気に入った自転車デザインにあわせたものが無く、交換しても「見た目が変わらないために交換する楽しみが無い」とか「姿勢を調整するためだけにハンドルバーを交換するのはもったいない」など、積極的に交換されるパーツではなかったのが実情。

今回、「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より発売されるのは「積極的に交換したくなる」ハンドルバー。軽量なアルミニウム合金を採用し軽い操舵感を実現しながらも、ハンドルバー上にはブランドカラーであるオレンジを基調としたデザインを施している。
様々な用途や要望に対応できるよう3種類の形状と2つのカラーバリエーションを用意。乗車姿勢を最適化するという本来の機能性に加え、「見た目」の満足度「ハンドルバーは常に目に触れる部分であり、交換したことが実感できる」を追求した仕様となっている。

◎製品名ストレートハンドルバー DHB115-BK/SL
価格=2,730 円(税込)
サイズ=φ25.4mm、W580mm
素材=アルミ6061 合金
重量=234g

◎製品名=オーバーザイズドストレートハンドルバーDHB115S-BK
価格=4,200 円(税込)
サイズ=φ31.8mm、W580mm
素材=アルミ6061 合金
重量=234g

◎製品名=ライズハンドルバー DHB116-BK/SL
価格=3,045 円(税込)
サイズ=φ25.4mm、W600mm
素材=アルミ6061 合金
重量=234g




ベルギー大使館で展示会を開催

THOMPSON(トンプソン)

日本に初上陸したベルギーの自転車ブランド「THOMPSON(トンプソン)」がベルギー大使館で展示会を開催した。

自転車レースが国技とされるベルギーで、90年以上の歴史を持つ老舗の自転車メーカー。

自転車の国とも言われるベルギー。自転車ブランドも多く世界中に愛用者が増加基調にある。そんな中で、日本に初上陸したブランド「THOMPSON(トンプソン)」の展示会が2013年10月16日にベルギー大使館で開催された。

ベルギー大使館と観光局の協力で、90年の歴史があるTHOMPSONの自転車とベルギー文化、両方の魅力を同時に感じられるイベントとなった。

株式会社HAMASHO(代表取締役=濱田義行)が日本総代理店契約を結ぶ、ベルギーの自転車ブランド「THOMPSON(トンプソン)」の2014年新モデル展示・試乗会が、ベルギー王国大使館(所在地=東京都千代田区)で開催されメディアやファンが参加した。

大使館館内では、2014年から新しく登場する最上級モデル「FORCE(フォース) DURA-ACE 9000 with FFWD(ファストフォワード)」を始め、カーボンフレームを採用したマウンテンバイクや、オプション設定されているカラーカスタムオーダーを利用したモデル車などが一同に展示された。また屋外に設置された試乗ブースも、人気のモデルが体感できるとあって、多くの人で賑わいを見せた。

THOMPSON取扱店は現在のところ関東圏のみだが、日本初上陸のブランドという目新しさと、自転車大国ベルギーの老舗メーカーという高い信頼性によって自転車愛好家の注目を集めており、今後は全国に販売網を拡大していくと思われる。

◎THOMPSON(トンプソン)概要
自転車レースが国技とされるベルギーで、90年以上の歴史を持つ老舗の自転車メーカー。創業以来トレンドに惑わされることなく、シンプルかつ洗練されたデザインと品質の高さにこだわり続けている。
レース用の自転車にも応用される技術を落とし込み、開発・設計から塗装まで全行程を自社で行い管理するスタンスにより、目の肥えたベルギー国民に信頼され、愛され続けている。

◎ブランドの歴史
1921年、ベルギーのヘラールツベルヘンという町で、シティバイクの製造メーカーとして設立。国内で最も人気のあるロードレースの優勝者がTHOMPSONを使用していた事から、スポーツバイクブランドとして揺るぎない人気を確立していく。
現在はベルギー国内で300以上の販売店を持ち、オランダ、フランス、スペインなどヨーロッパを中心に販売展開。2012年に満を持して日本初上陸を果たす。

◎カラーオーダーシステムの採用
カラーオーダーシステムをオプション設定しており、33色からオリジナルのデザインを楽しむ事ができる(オプション料金2万円)。オーダーしたデザインは、ベルギー本社の専用ペインターにより丁寧に仕上げられている。

ブラック×レッドの折りたためるクロスバイク発売

ビーズ株式会社

ビーズ株式会社(本社=大阪府東大阪市、代表=大上響)は、自社の自転車ブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、「DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM(スロウジャム)」を発売する。

ブラック×レッドの強烈なコントラストを持つ個性派バイク。700cサイズながらも折りたためるクロスバイクを発売。

「DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM」の特長は「折りたためる」ということ。700C サイズという大径タイヤを装備し、シンプルなダイヤモンド形状のフレームを持ちながらも、そのフレーム内に「折りたたみ機構」を内蔵。付属の工具を利用し、簡単に折りたたむことが可能となる。

大径タイヤによる走行安定性の強化にはじまり、21段変速機、近年問題となる事故を未然に防ぐべく強力なストッピングパワーを備えたディスクブレーキなど、交通量や変化の多い街中において、自由な走りをサポートする機能を搭載している。

モデルネーム「スロウジャム」の「ジャム」 は、ジャムセッション、という言葉がある通り、ミュージシャン同士が集まり、思い思いのプレイを即興にて行うことを意味している。そして、「DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM(スロウジャム)」は、気の合う仲間たちと自由に走ることをイメージして、仲間と楽しく、行き場をその時どきで決めながら自由に走ることをコンセプトにデザインされている。

外観においては「黒と赤」という、コントラストの強い配色を採用。車輪を大きく力強く見せるために、タイヤとホイールを同色とする、通常は黒色が使用されることが多いブレーキワイヤ・チェーンにも赤色を採用するなどパーツ単位で配色にこだわっている。細部にわたる「赤」へのこだわりも、チェーン、リム、タイヤ、バーエンドなど、各所にちりばめられておりブラックのフレームとのコントラストが魅力となっている。また、フロントにはディスクブレーキを使用。各所にストリートテイストのグラフィックデザインが採用されている。

◎商品概要
製品名=DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM(スロウジャム)
価格=オープン価格(参考価格は37,350 円)
サイズ=700 × 23c
フレーム素材=スチール
重量=14.4 kg





「INTERBIKE 2013」に出展

パイオニア株式会社

パイオニア株式会社は、2013年9月18日~20日(米国時間)に、アメリカのラスベガスで開催される「INTERBIKE 2013」に出展する。

世界三大専門見本市」の一つで、商談に特化した業界関係者向けの展示会。

この見本市は「自転車およびアクセサリーの世界三大専門見本市」の一つで、商談に特化した業界関係者向けの展示会。昨年は、世界各国から1200以上の企業が出展し、4100以上の小売店(バイヤー)が来場していしている。パイオニア株式会社は、新規事業の一つである自転車向けビジネスの北米での本格的な展開に向けての出展となる。

出展するアイテムは、①サイクルコンピューター「SGX-CA900」と、②ペダリングモニタセンサー「SGY-PM900」の2品種。共にパイオニアの総力を結集して開発された商品で注目度も高い。

◇サイクルコンピューター「SGX-CA900」
自転車乗車技術・能力の向上を目指しているアスリートに向けた高性能サイクルコンピューター。GPSや気圧計、温度計など各種センサーを搭載し、ペダリングモニタセンサーやANT+TMセンサーとも接続できる。また、専用のWebサービスにデータをアップロードすることで、地図やグラフを使った走行データの詳細な解析が可能となる。

◇ペダリングモニタセンサー「SGY-PM900」
速く走る、遠くまで走るために必要なパワー(踏力)を高めるとともに、効率的なペダリングを実現するためのトレーニングツール。パイオニア独自の高精度センシング技術により、ペダルにかかる力の「大きさ」「方向」や「ペダリング効率」を計測し表示すること可能となる。

◎INTERBIKE 2013概要
開催期間=2013年9月18日~20日
会場=Mandalay Bay Convention Center, Las Vegas, Nevada
公式サイト=http://www.interbike.com/
パイオニアブース=28166

「111 Roadfly (ロードフライ)」を発売

ビーズ株式会社

ビーズ株式会社(本社=大阪府東大阪市、代表=大上響)は、自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、「折りたたみ自転車の存在意義を問い、原点に回帰する」という思いを込めた16インチ折りたたみ自転車「111 Roadfly (ロードフライ)」を発売する。

「使える折りたたみ自転車」を目指して開発。

小径折りたたみ自転車の最大の利点はコンパクトであること。その反面、前後の車軸が短くなるため直進安定性に欠けることからふらつきやすく、タイヤが小さいためスピードが出ず、中長距離の走行には不向き。

そこで、「111 Roadfly (ロードフライ)」は、16インチ折りたたみアルミフレーム採用による軽量性と小径自転車のハンディキャップを克服する走行性を兼ね備えた「使える折りたたみ自転車」を目指して開発をした。

ロードバイク並みのロングホイールベースに加え、ハンドルやステム、シートポストにアルミを採用することで低重心とし直進安定性を確保。また16インチとしては異例の大型52T チェーンホイールと最小12T のスモールスプロケット採用により、ペダル一漕ぎの走行距離を伸ばす事でタイヤ外周が短いことによる速度面での難点をカバーした。

調整可能な昇降式ハンドルステムと全長500mm の特製ロングシートポストにより家族みんなでシェアできる汎用性も兼ね備えている。コンパクトに折り畳んだり女性でも簡単に持ち上げることができ、集合住宅における室内保管のニーズとクルマや公共交通機関を使用しての持ち運びというライフスタイルを創出する。

◎商品概要
製品名=111 Roadfly (ロードフライ )
価格=オープン価格
参考価格=37,600 円(税込)
タイヤサイズ=16 ×1.25 inch 
重量=10.8 kg
製品ページ=http://www.doppelganger.jp/

◎関連製品
電車など公共機関を利用し、遠方へ自転車を持参してサイクリング楽しむ輪行や、
ご自宅での自転車保管に最適な折りたたみ自転車用輪行バッグ。
製品名=DOPPELGANGER輪行バッグDB-04/DB-05
価格=4,620円(税込)
製品ページ=http://www.doppelganger.jp/





「走行性能」と「美しさ」にこだわった折りたたみ自転車発売

ビーズ株式会社

ビーズ株式会社(本社=大阪府東大阪市、代表=大上響)は、自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、折りたたみ20インチ自転車の新シリーズ、「FX11 Licht(リヒト)」と「FX15 Schatten(シャッテン)」の2種を発売する。

こだわりの2種を発売。

両モデルは、小径車の欠点とされる走行性能を従来車より高めるための改良を施すると同時に、見た目の「美しさ」を追求した、ミニマルで機能的なデザインを備えた次世代の小径車。小径車は「軽量、コンパクト」に設計できる反面、車輪の小ささに起因する「ふらつき」「不安定さ」がデメリットとなることがある。ドッペルギャンガーでは、過去に小径車、折りたたみ自転車を手がけてきた経験より、「ホイールベース=前後車軸間の距離」を従来の小径車よりも長くすることで走行時の安定性を確保した。

また、全長が長くなることで損なわれる「コンパクト、携帯性」といった小径車本来の美点を補うために、独自の折りたたみ構造を採用し、「車体の中央から」折りたたむ構造とすることで小径自転車のメリットを強調している。

なお、折りたたみ時は縦に長く「直立」できるデザインを採用しており、そのため折りたたんでエレベーターに乗せる、玄関に置いておくことが容易になる、等都市生活者への配慮もされている。

車体の素材には軽量で酸化(錆)に強いアルミニウムを採用し、ここでも「軽量」といった小径車の特徴を伸長するとともに、長期にわたって使用できる=モデルライフが長い、という環境負荷への対応も意識している。


、「FX11 Licht(リヒト)」

「FX15 Schatten(シャッテン)」

「親子ジテンシャ」スペシャル展示開催

ブリヂストンサイクル株式会社

ブリヂストンサイクル株式会社(社長=竹内雄二)は、親子が一緒に楽しめる「親子ジテンシャ」スペシャル展示を、バイクフォーラム青山(東京都渋谷区神宮前)で開催している。

写真=1971年に発売され、15年にも少年たちを虜にしたジュニアスポーツ車「ヤングウェイ」。

親子で楽しめる自転車展示イベント。

今回のスペシャル展示では、ブリヂストンサイクル最新の子ども自転車と「どうやって自転車はできるんだろう」という子どもの素朴な疑問にパネルで答える。合わせて一緒に来観される両親に懐かしい自転車の展示を行う。

具体的には、車体重量がわずか7.9kgの幼児スポーツ車「Levena」、ファッション幼児車「HACCHI」、ジュニア&キッズMTBの「CROSSFIREJunior&Kids」、キッズクロスバイク「Speeder」、少女車「Sweet pea」、きらきらデコレがいっぱいの少女車「La Veena」など子ども自転車ができるまでの工程をパネルで解説する。また、子育てを応援する「Angelino」「HYDEE.B」など、子ども乗せ対応電動アシスト自転車についても解説する。

そして、両親向けには、夢中になった懐かしの自転車として歴代の名車「ロードマン」「ドレミまりちゃん」や、1971年の発売以来、15年にもわたり当時の少年たちを虜にしたジュニアスポーツ車「ヤングウェイ」の展示を行う。

英国生まれのファッショナブルな電動アシスト自転車発売

株式会社デイトナ

株式会社デイトナ(本社=静岡県周智郡、社長=鈴木紳一郎)は、デザインと性能を両立させた英国生まれの電動アシスト自転車の新製品「A2B HYBRID」を2012年3月より販売を開始した。

スタイリッシュな英国生まれの電動自転車の登場

新製品「A2B HYBRID」は、英国のHero Eco Ltd.(ヒーローエコ社)により開発され、これまでの自転車のイメージを一新したシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴。移動手段としての機能性だけでなくファッション性に優れ、エコ意識の高いアメリカ、ヨーロッパ各国で広く愛用され高い評価を得ている。

心臓部のドライブユニットは、ヒーローエコ社独自設計の高トルクモーターを搭載。低速から静かでなめらかな走行を実現し、さらに力強いアシスト力を発揮すると共に、走行シーンに合わせて「エコノミー」「ノーマル」「ハイパワー」の3段階切り替え走行が可能。大容量11Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載、最大約70kmの走行が可能。
 
主要な装備は、高い安全性を発揮する前後油圧式ディスクプレーキ、フロントサスペンションと極太タイヤを装備し、快適な乗り心地を実現。スピードメーターは見やすいブルーLCDを採用。非接触電子キーは、キーを近づけるだけでオンオフができ、乗り手に優しい装備も備えている。ボディーカラーは、マットブラックとホワイトの2色。

◎A2Bのネーミング
出発地点Aから目的地Bへ行く移動手段と云う意味を持っている。A2Bの目指しているのはLight Electric Vehicle(ライト エレクトリック ビークル)・小型電動車両のジャンルの中で、AからBまで移動する革新的な方法を提案するという意を込めている。

◆主要諸元
車名=A2B HYBRID24
全長・全幅・全高=1725mm・598mm・1120mm
車両重量=28.5kg(バッテリー装着時)
車体色=マットブラック・ホワイト
バッテリー種類=リチウムイオンバッテリー
バッテリー電圧・容量=36V・11A
連続走行距離=約70km
最高速度=24km/h
定格出力=250W
充電電圧・充電時間=AC100V/3~4時間
モーター種類=DCブラシスハブモーター
フレーム=アルミ製軽量フレーム
ブレーキ形式=前後-油圧式シングルディスク、後輪-回生ブレーキ連動
タイヤサイズ=24”2.35
メーター表示内容=スピード、走行距離、バッテリー残量、バックライト付き
販売予定価格=\260,400


自転車事故減少のために方向指示器を発売

ビーズ株式会社

ビーズ株式会社(本社所在地=大阪府東大阪市、代表=大上響)は、自転車ブランド「DOPPELGÄNGER®(ドッペルギャンガー)」より、自転車用方向指示器「DA015SG」を発売する。

パッシブセーフティを目的とした方向指示器。

ドッペルギャンガー自転車用方向指示器「DA015SG」は、近年増加傾向にある自転車事故、および交通事故に関係する自転車の比率増加を受け、 今自転車に求められる「安全性」に配慮した製品。ドッペルギャンガーブランドの自転車車体そのものにおいては、強力な制動力を発揮する「ディスクブレーキ」の積極採用や、視認性の良い乗車ポジションの採用など、「自転車に乗る人が自ら危険を回避できるよう」アクティブセーフティを考慮に入れた製品開発を行なってきた。この商品は、「自分以外の存在に、自分の存在や行動を知らせる」ことをめざしたパッシブセーフティを目的としている。

曲がる方向・ハザードランプ(左右両方が点滅)を矢印で示す「指示器本体」と、その操作を行う「操作部」で構成されている。どちらも付属の取付台座にて一般的な自転車のシートポスト、ハンドルバーへの取り付けが可能。「シンクロナイズドメカニズム」を搭載しており、たとえば右に指示を出そうとした際には操作部の右ボタンを押すと、操作部右側のLEDランプが点灯。左側も同様で、「自分の後ろで方向指示器が作動していることを」自ら指示器本体を確認せずとも、手元で知らせてくれる。なお、右、左、ハザードランプ点滅時のビープ音にはそれぞれ変化が付けられており、手元のLEDランプという視覚情報の他にも、「聴覚で」それぞれの動作を確認することができるようになっている。

また、仮に取り付け方向を逆に取り付けた場合、矢印が手元の操作部と「逆の」方向を示さないよう、指示器本体が作動しない「フェイルセーフ回路」も持っており、最大限の「安全」に配慮している。



ページ移動