風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



マッテーオ・ペルッキ=ユーロップカーがステージ5位

ツール・ド・ランカウイ=第8ステージ

第8ステージはショートコース。天候が崩れる中、集団スプリントとなり、アンドレア・グアルディーニ=ファルネーゼヴィーニが、ステージ優勝を勝ち取った。西谷泰治=愛三工業レーシングチームは第6位でゴール。逃げ切りを図った福島晋一=トレンガヌプロアジアは惜しくも吸収される展開だった。
△写真=ダントツスプリント力を見せつけステージ優勝したアンドレア・グアルディーニ=ファルネーゼヴィーニ。

個人総合で鈴木謙一=愛三工業レーシングチームが32位に。

◎リザルト=第8ステージ=
01位=2h13'27"=+0h00'00"=アンドレア・グアルディーニ=ファルネーゼヴィーニ
02位=2h13'27"=+0h00'00"=サレー・ハリフ=トレンガヌプロアジア
03位=2h13'27"=+0h00'00"=ジェイコブ・キーオ=ユナイテッドヘルスケア
04位=2h13'27"=+0h00'00"=ハッサン・スハルディ=マレーシアチーム
05位=2h13'27"=+0h00'00"=マッテーオ・ペルッキ=ユーロップカー
06位=2h13'27"=+0h00'00"=西谷泰治=愛三工業レーシングチーム
07位=2h13'27"=+0h00'00"=ソニー・コルブレッリ=コルナゴ・CSFイノックス
08位=2h13'27"=+0h00'00"=ヴァレンティン・イグリンスキー=アスタナ
09位=2h13'27"=+0h00'00"=ジャニ・テウェルデ=MTNキュベカ
10位=2h13'27"=+0h00'00"=レイモンド・クレダー=ガーミン・バラクーダ
▽以下日本選手
012位=品川真寛=愛三工業レーシングチーム
050位=中島康晴=愛三工業レーシングチーム
069位=伊藤雅和=愛三工業レーシングチーム
071位=鈴木謙一=愛三工業レーシングチーム
114位=盛一大=愛三工業レーシングチーム
118位=福島晋一=トレンガヌプロアジア


チームヨーロッパカーもスプリントに備えて追走に加わる。

かなりの蒸し暑さで選手たちは補給を欠かせない。クリストフ・ケルネ=チームヨーロッパカー。

リーダージャージを守ってゴールしたホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリ。

ステージトップ3。地元トレンガヌのハリフ・サレー=トレンガヌプロアジアが2位に入り会場は大興奮。

第8ステージの各リーダージャージ。山岳賞のレッドジャージはホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリに決定した。

◎リポートと写真は、飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。