風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



アンドローニが1・3位獲得の快挙

ツール・ド・ランカウイ=第6ステージ

「ツール・ド・ランカウイで最大の名物と言われる「ゲンティンハイランド」をめざす108㎞の第6ステージ。ホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリが第5ステージに続きステージ優勝を獲得した。上位3位までを南米勢が占める結果となった。レースは果敢な攻撃展開。見所の多いステージとなった。

第6ステージでアンドローニが大活躍

◎リザルト=第6ステージ=
01位=3h09'37"=+0h00'00"=ホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリ
02位=3h09'39"=+0h00'02"=ビクトル・ニノ=アザド大学クロスチーム
03位=3h10'23"=+0h00'46"=ホセ・ルジャノ=アンドローニ・ジョカトリ
04位=3h12'09"=+0h02'32"=アレクサンドル・ディアチェンコ=アスタナ
05位=3h12'30"=+0h02'53"=ジャクソン・ロドリゲス=アンドローニ・ジョカトリ
06位=3h12'30"=+0h02'53"=ステファノ・ロカテッリ=コルナゴ・CSFイノックス
07位=3h13'02"=+0h03'25"=マッテーオ・ラボッティーニ=ファルネーゼヴィーニ
08位=3h13'03"=+0h03'26"=クリス・バトラー=アメリカ、チャンピオンシステム
09位=3h13'05"=+0h03'28"=アンドレイ・ゼイツ=アスタナ
10位=3h13'12"=+0h03'35"=デニス・ヴァンニーケルク=MTNキュベカ
▽以下日本選手
039位=鈴木謙一=愛三工業レーシングチーム
042位=福島晋一=トレンガヌプロアジア
051位=伊藤雅和=愛三工業レーシングチーム
056位=西谷泰治=愛三工業レーシングチーム
077位=品川真寛=愛三工業レーシングチーム
092位=中島康晴=愛三工業レーシングチーム
113位=盛一大=愛三工業レーシングチーム


パレードのスタートで各賞のジャージが前列に並ぶ。

リーダージャージのダレン・ラプトーンのチーム「ドラパック・ポルシェ」。

沿道には可愛い応援団が大きな声援を送る。

後ろが第6ステージを制したホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリ。前が3位になったホセ・ルジャノ=アンドローニ・ジョカトリ。

残り20㎞でホセ・ルジャノがアタック。

地元ファンが選手に近づきエールを送る。

地元ファンは第6ステージでも熱狂的。許せる限り選手に近づきエールを送る。特に残り3㎞地点は応援に最適のエリアのため多くのファンが集まっている。


ソフィー・マット・セナン=トレガヌが観客の前を通過。

この日の朝(2月29日)に第三子が生まれた福島晋一=トレンガヌプロアジア。

左からアジアリーダー、総合リーダー、ポイントジャージ。山岳ジャージはリーダージャージのホセ・セルパ=アンドローニ・ジョカトリ。

◎リポートと写真は、飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。