風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



福島晋一(トレンガヌプロアジア)が今日も逃げを仕掛ける

ツール・ド・ランカウイ=第4ステージ

第4ステージも福島晋一(トレンガヌプロアジア)が逃げを仕掛けた。2日続けての果敢な仕掛けに福島のエネルギーを感じる。ゴール寸前で吸収されたものの15位という成績を叩きだした。ゴーを制したのは、アンドレア・グアルディーニ(ファルネーゼヴィーニ)で3日連続の勝利となった。

アンドレア・グアルディーニが力を見せて3勝。

◎リザルト=第4ステージ=
01位=3h57'11"=+0h00'00"=アンドレア・グアルディーニ=ファルネーゼヴィーニ
02位=3h57'11"=+0h00'00"=ジェイコブ・キーオ=ユナイテッドヘルスケア
03位=3h57'11"=+0h00'00"=ハリフ・サレー=トレンガヌプロアジア
04位=3h57'11"=+0h00'00"=ヨアン・ジェーヌ=ユーロップカー
05位=3h57'11"=+0h00'00"=ヴァレンティン・イグリンスキー=アスタナ
06位=3h57'11"=+0h00'00"=ソニー・コルブレッリ=コルナゴ・CSFイノックス
07位=3h57'11"=+0h00'00"=アヌアル・マナン=チャンピオンシステム
08位=3h57'11"=+0h00'00"=ケヴァン・ルザ=ユーロップカー
09位=3h57'11"=+0h00'00"=ジャニ・テウェルデ=MTNキュベカ
10位=3h57'11"=+0h00'00"=ホセイン・ナテギ=タブリズペトロケミカル
▽以下日本選手
015位=福島晋一=トレンガヌプロアジア
028位=盛一大=愛三工業レーシングチーム
038位=品川真寛=愛三工業レーシングチーム
057位=西谷泰治=愛三工業レーシングチーム
068位=伊藤雅和=愛三工業レーシングチーム
096位=鈴木謙一=愛三工業レーシングチーム
112位=中島康晴=愛三工業レーシングチーム


スタート直後にアタックをする福島晋一(トレンガヌプロアジア)。

逃げを決めた4選手。チームヨーロッパカーのケビン・レザも含まれている。

積極的に前を引く福島晋一(トレンガヌプロアジア)。

スプリントに備えてコントロールを始めるファルネーゼンの選手たち。

アスタナ勢もコントロールにこだわる。前から2番目はヴィノクロフ。

福島の果敢な姿に歓声も。

第3ステージに引き続いて逃げをリードした福島晋一(トレンガヌプロアジア)。その走りに地元ファンから声援が続く。果敢に挑戦する姿に感動する観客も。

◎リポートと写真は、飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。


チームヨーロッパカーのヨアン・ジェーンが4位に・

何とかリーダージャージを守ったサブリスキー。疲労の色が隠せない。

ベストスリーの表彰模様

3位のママンと、その奥でマッサージを受けるのは福島晋一。

福島選手やママン選手が所属するトレンガヌのサバスチャン監督がインタビューを受ける。