風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



快走してデヴィッド・サブリスキーが制覇

ツール・ド・ランカウイ=第1ステージ

第1ステージはタイムトライアル。クアラルンプールに隣接するプトラジャヤ(Putrajaya)を舞台にして20.3kmのコースで争われた。デビット・サブリスキー(USA=GRM)が2位のアダム・フェラン(AUS=DPC)や3位のダレン・ラブトーン(AUS=DPC)に1分以上の差を付けての優勝を勝ち取った。

第1ステージはデヴィッド・ザブリスキーが勝利。

◎リザルト=第1ステージ(タイムトライアル)
01位=24'34.18"=+0'00.00"=デヴィッド・ザブリスキー(ガーミン・バラクーダ)
02位=25'34.48"=+1'00.30"=アダム・フェラン(ドラパック・ポルシェ)
03位=25'44.85"=+1'10.67"=ダレン・ラプトーン(ドラパック・ポルシェ)
04位=25'51.18"=+1'17.00"=トム・ダニエルソン(ガーミン・バラクーダ)
05位=26'00.87"=+1'26.69"=ホセ・ルハノ(アンドローニ・ジョカトリ)
06位=26'05.65"=+1'31.47"=ジョセフ、クーパー(ニュージーランドチーム)
07位=26'07.73"=+1'33.55"=デミトリ・グルージェフ(アスタナ)
08位=26'13.08"=+1'38.90"=アレクサンドル・ディアチェンコ(アスタナ)
09位=26'13.92"=+1'39.74"=ネイサン・ハース(ガーミン・バラクーダ)
10位=26'20.99"=+1'46.81"=ベヘナム・ハリリ(タブリズペトロケミカル)
▽以下日本選手
58位=西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)
67位=伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)
76位=福島晋一(トレンガヌプロアジア)
79位=盛一大(愛三工業レーシングチーム)
82位=中島康晴(愛三工業レーシングチーム)
87位=鈴木謙一(愛三工業レーシングチーム)
96位=品川真寛(愛三工業レーシングチーム)

◎リポートと写真は飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。