風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



「ARASHIRO」のペイント文字の上をユキヤが走行

2011ジャパンカップサイクルロードレース

【ジャパンカップ現地リポート第13報】
2011年(平成23年)10月23日。午前10時。「2011ジャパンカップサイクルロードレース」がスタートした。天候は小雨から曇りへ。但し、路面は濡れている。観戦者はおおよそ37,000人。コース沿道は、熱気に包まれれている。そんな中で号砲。レースはスタートした。
▲写真=ペイントの上を通過しようとする新城(中央)。

沿道のコスモスもユキヤを声援

スタート地点から登に入る。その名を古賀志林道。そこにペイントされた「ARASHIRO」の文字。ユキヤを応援するファンは多い。「声がかかるとうれしい。力がわいてくる」と新城は言う。その文字の上をユキヤが通過する。走るユキヤ。沿道では、コスモスが声援している。その新城が勝負を懸けたのは終盤の10周目からだった。


10時に一斉にスタート。

沿道のコスモスが美しい(中央が新城)。