風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



佐藤栄一宇都宮市長「来年もクリテリウムを実施したい」

2011ジャパンカップクリテリウム

【ジャパンカップ現地リポート=第10報】
宇都宮市のメインロードがクリテリウム一色となった第2回2011ジャパンカップクリテリウム。優勝者が決定した後、各チームの選手らと自らもコースをランし、「これだけ多くの人が2011ジャパンカップクリテリウムに参加してくれた。来年もぜひ実施したい」と語った。
▲写真=開催記者会見で2011ジャパンカップサイクルロードレースの定着を進めたいと語る佐藤市長。
▼22日、クリテリウム終了後にインタビュー。

来年もぜひ実施したいと佐藤市長

劇的な集団スプリントで決まったレース展開のため、観客の感動が渦巻く中、佐藤市長はバイクのランプを点滅しながらコースを一周した。多くの市民が市長に手を振ると市長もそれに応えて市民にサービス。市民からのフォトコールにも対応していた。

雨の中、多くの市民と観戦者がコースにあふれた。今年で2回目のクリテリウム。宇都宮市に定着を始めたようだ。


「自転車でも宇都宮を日本一にしたい」と佐藤市長