風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



10月21日の開幕に向けて準備が進む

2011ジャパンカップサイクルロードレース

【ジャパンカップ現地リポート=第1報】
第20回を迎える「2011ジャパンカップサイクルロードレース」が、2011年(平成23年)10月21日から23日まで、宇都宮市森林公園周回コース(一周14.1㎞)と宇都宮市大通り周回コース(一周1.55㎞)で開催される。
▲写真=「記念すべき大会。みなさんをおもてなしする」と佐藤市長。

記念すべき20回目の開催

開催に当たっての会見の際に、実行委員会会長の佐藤栄一宇都宮市長は「今年は20回の記念すべき記念すべき大会。みなさんをお迎えする姿勢で開催する」と語っていた。昨年より始まった「2011ジャパンカップクリテリウム」が2日目の23日になり、中野浩一氏が監督を務め、メンバーが、別府史之、ジョヴァンニ・ヴィスコンティ、村上義弘、深谷知広、新田祐大というメンバーのクリテリウム・スペシャルチームが出場する。

また最終日の24日の「2011ジャパンカップ」には、新城幸也(ユーロップカー)、宮澤崇史(ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットリ)、土井雪広(スキル・シマノ)、福島晋一(トレンガヌ・プロアジア)、吉田隼人(鹿屋体育大学)のメンバーによる「ジャパンナショナルチーム」が出場する。

市民にすっかり定着した2011ジャパンカップサイクルロードレースは、20回の節目を迎える。


クリテリウムでは中野浩一氏が監督を務めるスペシャルチームが出場する