風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



カデル・エヴァンスが総合優勝

ツール・ド・フランス2011=第20ステージ

【現地取材リポート=第22報】
ツール・ド・フランスは明日のパリ・シャンゼリゼを控え、事実上最後の総合争いをアルプスの麓、グルノーブルで迎えた。この第20ステージは42.5kmの個人タイムトライアルで、短く感じられるが2つの上りを含んだ厳しいもの。3週間戦ってきた167人の選手たちが、一人ひとり走ってどのくらいの力を残しているか、そこで勝負が決まるのだ。
▲写真=カデル・エヴァンス(BMC)が57秒差を逆転すべく42.5kmのタイムトライアルをスタート

ピエール・ロラン(ユーロップカー)が健闘

結果から見れば区間優勝者の平均時速は45.9km。トニー・マルティン(HTC・ハイロード)が55分33秒を記録したが、彼はすでに総合で1時間31分も遅れをとっており、首位争いに参加する可能性はない。総合争いは、5分以内でも8人しかおらず、だれが現在総合首位のアンディ・シュレック(レオパード・トレック)を脅かすかに注目が集まった。

TTが強い選手といえばMTB選手上がりのカデル・エヴァンス(BMC)。彼はコース途中のラップタイムを2位で次々に通過し、残り20kmの地点ですでに57秒差あったアンディを逆転。そのまま差を広げ、2分31秒差をつけてフィニッシュ。総合1位に躍り出た!

もう一つの注目は、昨日区間勝利を飾ったピエール・ロラン(ユーロップカー)。新人賞の真っ白なジャージに身を包んだピエールは、スタート前の時点で同賞2位のレイン・ターラマエ(コフィディス)と1分33秒差。TTを得意とするターラマエに逆転される恐れがあったが、なんと47秒遅れに止め、パリの表彰台を事実上確定した。

◎リザルト(第20ステージ順位)
01位=0h 55' 34"=トニ・マルティン=HTC・ハイロード
02位= + 00' 07"=カデル・エヴァンス=BMCレーシングチーム
03位= + 01' 06"=アルベルト・コンタドール=サクソバンク・サンガー
04位= + 01' 29"=トーマス・デヘント=ヴァカンソレイユ・DCM
05位= + 01' 30"=リッチー・ポルト=サクソバンク・サンガード
06位= + 01' 33"=ジャンクリストフ・ペロー=アージェードゥーゼル
07位= + 01' 37"=サムエル・サンチェス=エウスカルテル
08位= + 01' 42"=ファビアン・カンチェラーラ=レオパード・トレック
09位= + 02' 03"=ピーター・ベリトス=HTC・ハイロード
10位= + 02' 03"=レイン・ターラマエ=コフィディス


昨日マイヨジョーヌを獲得したアンディ・シュレック(レオパード・トレック)が落ち着いた表情でタイムトライアルのスタートを待つ

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。