風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



サミュエル・サンチェスが初勝利。トマがマイヨ・ジョーヌを死守

ツール・ド・フランス2011=第12ステージ

【現地取材リポート=第13報】
全21ステージで戦われる今年のツール・ド・フランスは今日がちょうど中日の第12ステージ。そしてピレネーの山岳3連戦がスタートした。天候は曇り、気温は20度ほどと過ごしやすいが、選手たちは総メッシュのレーサージャージに身を包み、登坂に備える。
▲写真=ピエール・ロランの完璧なアシストで総合首位を守ったトーマ・ヴォクレール(左)。まだ総合2位のフランク・シュレックまで1分49秒ある!

いよいよピレーネ勝負が始まる

序盤からできた逃げは6人、最大9分ほどの差を開いた。しかし最後のツールマレー峠で先頭はジェレミー・ロワ(FDJ)とゲラント・トーマス(スカイ)の2人となり、追走でロマン・クロイツィーゲル(アスタナ)が2分差。ゴールはスキー場リュザルディダンだが、ここへの上りで総合争いのメンバーがついに動き出した!

まず先手を打ったのはサムエル・サンチェス(エウスカルテル)ら。彼はこのままイェル・バネンデルト(オメガファルマ・ロット)とアタックし、逃げをすべて吸収。追走はアルベルト・コンタドール(サクソバンク・サンガード)、アンディ&フランク・シュレック(レオパード・トレック)、イバン・バッソ(リクイガス)、カデル・エバンズ(BMC)ら、そしてマイヨジョーヌ、トーマ・ヴォクレールとアシストのピエール・ロラン(ユーロップカー)!

サンチェスは逃げ切って勝利を挙げ、3位には集団からアタックしたフランク・シュレックが入着。そしてなんと! 豪華メンバーと上ったボークレールはマイヨジョーヌをみごとに守った! フランス革命記念日の今日、なんて素晴らしいボークレールのリーダージャージだ。

◎リザルト=第12ステージ(ステージ順位)
01位=6h 01' 15"=サミュエル・サンチェス=エウスカルテル
02位= + 00' 07"=イェーレ・ファネンデルト=オメガファーマ・ロット
03位= + 00' 10"=フランク・シュレク=レオパード・トレック
04位= + 00' 30"=イヴァン・バッソ=リクイガス
05位= + 00' 30"=カデル・エヴァンス=BMCレーシング
06位= + 00' 30"=アンディ・シュレク=レオパード・トレック
07位= + 00' 35"=ダミアーノ・クネゴ=ランプレ・ISD
08位= + 00' 43"=アルベルト・コンタドール=サクソバンク
09位= + 00' 50"=トマ・ヴォクレール=ユーロップカー
10位= + 00' 50"=ピエール・ロラン=ユーロップカー


地元スペイン至近のこのステージで区間勝利を飾ったサミュエル・サンチェスがガッツポーズ

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。