風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



レース白熱・観衆釘付。ルイ・コスタが独走でツール初勝利

ツール・ド・フランス2011=第8ステージ

【現地取材リポート=第9報】
ツール・ド・フランスはフランス中央部まで南下してきた。今日はエグランドからシュペルベス・サンシーへの第8ステージ。途中にはカテゴリー4級の上りが2つ、そして2級の上り、最後が6kmで300m弱上る、スキーリゾートシュペルベスへの上りフィニッシュだ。
▲写真=ルイ・コスタ(モビスター)が独走でラスト1kmのアーチをくぐる。前方に位置するのはテレビカメラのオートバイと、新聞社のオートバイだ

ルイ・コスタがツール初勝利。トール・ヒュースホーウトはマイヨジョーヌ死守

今日は9人の逃げが形成された。ここには新城幸也のチームメート、シリル・ゴチエ(ユーロップカー)が入り、区間逃げ切り勝利を狙った。しかし、ゴールが近づくとタイム差は次第に詰まり、合わせて黒い雲が選手たちに近づく。メイン集団からは1分ほどに縮まった逃げ集団を追ってカウンターアタックが起き、レースは俄然白熱。ゴール地点に用意された大画面に、観衆は釘付けだ。

逃げ切ろうと抵抗するルイ・コスタ(モビスター)に対し、カウンターアタックのアレクサンドル・ヴィノクロフ(アスタナ)がじわじわと近づく。その後ろではフィリップ・ジルベール(オメガファルマ・ロット)やアルベルト・コンタドール(サクソバンク・サンガード)らが総合争いを繰り広げる。まだツール1週間目だが、激しい争いは大歓迎だ。ルイ・コスタは独走でツール初勝利を挙げ、なんとコンタドール集団に食らいついたトール・ヒュースホーウト(ガーミン・サーヴェロ)はマイヨジョーヌを死守した。

◎リザルト=第8ステージ(ステージ順位)
01位=4h 36' 46"=ルイ・コスタ=モビスター
02位= + 00' 12"=フィリップ・ジルベール=オメガファーマ・ロット
03位= + 00' 15"=カデル・エヴァンス=BMCレーシング
04位= + 00' 15"=サミュエル・サンチェス=エウスカルテル
05位= + 00' 15"=ピーター・ベリトス=HTC・ハイロード
06位= + 00' 15"=ドリス・デヴェナインス=クイックステップ
07位= + 00' 15"=ダミアーノ・クネゴ=ランプレ・ISD
08位= + 00' 15"=アルベルト・コンタドール=サクソバンク
09位= + 00' 15"=アンディ・シュレク=レオパード・トレック
10位= + 00' 15"=フランク・シュレク=レオパード・トレック


フランス2チャンネルの画面で受賞選手のインタビューを流すなか、遅れた大集団がようやくフィニッシュラインに到着した

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。