風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



エドワルド・ボアソンハーゲン初勝利を飾る

ツール・ド・フランス2011=第6ステージ

【現地取材リポート=第7報】
第6ステージ、ディナン~リジウーへの226.5kmは、今年のツール最長のステージだ。各チームはスタート前からレインタイヤやレインウエアを準備していたが、その見込み通り、しばらくして雨が降り始めた。もともと強い風、そして時々強まる雨脚。そのなかで逃げを決めた5人は、メイン集団に対し最大11分差を開いた。
▲写真=24歳のエドワルド・ボアソンハーゲン(スカイプロサイクリング)がツール初勝利

エドワルド・ボアソンハーゲン(スカイプロサイクリング)がゴールスプリントを制して初勝利

降ったり止んだりの雨は、そのたびにチームのアシスト勢がレインウエアを取りにチームカーまで下がり、エース達に配る。その動作だけでも大変なのに、今日は繰り返し、だ。今日は昨日のように落車のオンパレードになるのか?

しかしさすがはプロ、レースは終盤のラスト3kmを切って逃げていた全員を吸収した。この最後の3kmからは上り坂、ここでトマ・ヴォクレール(ユーロップカー)らのアタックがあったが決まらず。ゴールスプリントはエドワルド・ボアソンハーゲン(スカイプロサイクリング)がマイヨジョーヌのトル・フースホフト(ガーミン・サーヴェロ)を退けてツール・ド・フランス初勝利を飾った。

◎リザルト=第6ステージ(ステージ順位)
01位=5h 13' 37"=エドヴァルド・ボアッソン=チームスカイ
02位= + 00' 00"=マシュー・ゴス=HTC・ハイロード
03位= + 00' 00"=トル・フースホフト=ガーミン・サーヴェロ
04位= + 00' 00"=ロメン・フェイユ=ヴァカンソレイユ・DCM
05位= + 00' 00"=ホセホアキン・ロハス=モビスター
06位= + 00' 00"=アルテュール・ヴィショ=FDJ
07位= + 00' 00"=フィリップ・ジルベール=オメガファーマ・ロット
08位= + 00' 00"=ゲラルド・チオレック=クイックステップ
09位= + 00' 00"=マルコ・マルカート=ヴァカンソレイユ・DCM
10位= + 00' 00=アルノー・ジャネソン=FDJ


コースは有名な景勝地、モン・サン=ミシェル(背景右奥)のそばを通った。メイン集団はそれを振り返りながらレースを進める

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。