風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



最後の緩い上り坂でマーク・カヴェンディッシュが逃げ切り勝利

ツール・ド・フランス2011=第5ステージ

【現地取材リポート=第6報】
昨日の雨に続いて、ブルターニュ地方の重苦しい空を背負った第5ステージ。大きな雲が来ると周囲はどっかり曇り、場所によっては小雨がぱらつくことも。カルエからカプ・フレエルへの第5ステージは164.5km、長くはないが厳しい争いになることが予想された。
▲写真=マーク・カヴェンディッシュ(HTC・ハイロード)がツールでの区間通算16勝目を飾った。

新城幸也のチームメートであるトマは残り2kmまで逃げたが無念に

序盤、逃げを打ったのはセバスティアン・テュルゴー(ユーロップカー)、ホセイバン・グティエレス(モビスター)、アントニー・ドラプラス(ソール・ソジャサン)、トリスタン・バランタン(コフィディス)の4人。彼らはすぐに2分から3分の差を開き、メイン集団では落車が相次ぐ。急に狭くなる道、そして横風が、プロライダーたちの走りをスムーズでなくしている様子だ。

逃げ集団が118km地点で後続に捕らえられ、142km地点でジェレミー・ロワ(FDJ)とトマ・ヴォクレール(ユーロップカー)がアタック。新城幸也のチームメートであるトマは残り2kmまで逃げたが、ついに集団に吸収。上り基調のアップダウンで、予想の難しいゴールスプリントになった。

マイヨジョーヌのトル・フースホフト(ガーミン・サーヴェロ)とフィリップ・ジルベール(オメガファルマ・ロット)、ウィリアム・ボネ(FDJ)らがスプリントに入ったが、最後の緩い上り坂でマーク・カヴェンディッシュ(HTC・ハイロード)が真打ち登場。みごとにスプリントを制し、区間勝利を飾った。

◎リザルト=第5ステージ(ステージ順位)
01位=3h 38' 32"=マーク・カヴェンディッシュ=HTC・ハイロード
02位= + 00' 00"=フィリップ・ジルベール=オメガファーマ・ロット
03位= + 00' 00"=ホセホアキン・ロハス=モビスター
04位= + 00' 00"=トニー・ギャロパン=コフィディス
05位= + 00' 00"=ジェレイント・トーマス=チームスカイ
06位= + 00' 00"=アンドレ・グライペル=オメガファーマ・ロット
07位= + 00' 00"=セバスティアン・イノー=アージェードゥーゼル
08位= + 00' 00"=ウィリアム・ボネ=FDJ
09位= + 00' 00"=ダニエル・オス=リクイガス・キャノンデール
10位= + 00' 00=トル・フースホフト=ガーミン・サーヴェロ


逃げを打った4人が、海の見えるところまで来た。前からセバスティアン・テュルゴー(ユーロップカー)、ホセイバン・グティエレス(モビスター)、アントニー・ドラプラス(ソール・ソジャサン)、トリスタン・バランタン(コフィディス)

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。