風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



本降りの雨の中、写真判定でエヴァンスが勝利

ツール・ド・フランス2011=第4ステージ

【現地取材リポート=第5報】
ロリアンからミュール・ド・ブルターニュへの第4ステージ、スタート時刻の12時50分が近づくと雨が降り出し、やがて本降りとなった。今日のゴールはラスト2kmに厳しい登坂が待っており、そこで総合争いが起きることは明白だ。
▲写真=ラスト2kmを過ぎて、ユルフン・バンデンブルック(オメガファルマ・ロット)がチームメートのフィリップ・ジルベールを協力に牽引するが、コンタドールやフランク・シュレックもマークを外さない

写真判定で勝利はエヴァンスに

ロリアンの大きな街を出るためにパレードは9km、そして郊外に出てすぐにアタックしたのはジェレミー・ロワ(FDJ)。これに続きジョニー・ホーヘルラント(バカンソレイユ)、ブレル・カドリ(アージェードゥーゼル)、イマノル・エルビティ(モビスター)、ゴルカ・イサギレ(エウスカルテル)の5人が先頭集団を形成した。

残り4kmを過ぎてようやく逃げはすべて捕まり、噂のラスト2km、ミュール・ド・ブルターニュに向けてアルベルト・コンタドール(サクソバンク・サンガード)らの動きが激しくなった。

コンタドールが左端から加速するが、残り1kmはやや勾配が緩く、大きく差をつけることは難しい。コンタドールをジルベールらが追走し、最後はカデル・エヴァンス(BMCレーシング)とコンタドールの一騎打ちに。コンタドールが手を挙げてフィニッシュしたが、写真判定で勝利はエヴァンスのものとなった。このコンタドール集団でフィニッシュしたフースホフトは、マイヨジョーヌを今日もしっかりと守り抜いた。

◎リザルト=第4ステージ(ステージ順位)
01位=4h 11' 39"=カデル・エヴァンス=BMCレーシングチーム
02位= + 00' 00"=アルベルト・コンタドール=サクソバンク・サンガード
03位= + 00' 00"=アレクサンドル・ヴィノクロフ=アスタナ
04位= + 00' 00"=リゴベルト・ウラン=チームスカイ
05位= + 00' 00"=フィリップ・ジルベール=オメガファーマ・ロット
06位= + 00' 00"=トル・フースホフト=ガーミン・サーヴェロ
07位= + 00' 00"=マティアス・フランク=BMCレーシングチーム
08位= + 00' 00"=サムエル・サンチェス=エウスカルテル
09位= + 00' 00"=ユルゲン・ファンデワール=オメガファーマ・ロット
10位= + 00' 00=アンドレアス・クレーデン=ドイツ、レディオシャック


沿道の子供たちは大盛り上がり。「アーレ(行け)、アーレ!」と登坂のリズムを声援で作り、ツール・ド・フランスを楽しんでいた

◇この記事は、「日報サイクル」が「ハブクリエイト」と「ニュースオンライン」の協力を得て現地に派遣し取材を実施しています。