風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



クリテリウムはトーマス・パルマーが獲得

2010ジャパンカップサイクルロードレース

宇都宮市内で始めて行われるクリテリウムレース。多くの観客が足を運び、レーススタート直前には、会場となる大通り周辺は人であふれた。15時よりセレモニーがありスタートは30分。パレード走行が三週有り、そのままゴールに突入した。

トーマス・パルマー(オーストラリア=ドラパック・ポルシェ)がトップでゴール。

レースは別府史之の飛び出しから始まった。「フミヤー」の声援の中を走行する姿はきりりとした凛々しい姿だった。その後、トップをジョゼフ・ルイス(オーストラリア=ドラパック・ポルシェ)とヨナス・ヨルゲンセン(デンマーク=サクソバンク)を獲得してトップグループが形成され始めた。

新城幸也とBboxブイグテレコムのチームは、中盤あたりからトップを伺う位置につけるが、その後、好位置を獲得できずに苦戦した。レース展開は、トップグループとそれ以外の長く続くグループで終盤戦まで流れ、トーマス・パルマー(オーストラリア=ドラパック・ポルシェ)がトップでゴールした。