風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



市民スポーツイベント開催候補地の募集開始

一般社団法人ウィズスポ

一般社団法人ウィズスポ(本部=東京都渋谷区、代表理事=中島祥元)では、全国各地の自治体などと連携をはかり、自転車とランニングによるシリーズ型の市民参加型スポーツイベントを開催してきたが、2013年度は12地域程度での開催を予定している。これを受けて2013年、2014年度における新たな開催候補地の募集を開始した。

新たなスポーツイベント地域を募集。

ランニングと自転車ブームの影響で、市民参加型スポーツイベントの数も益々増加貴重にあるが、同団体は、地域に根差していく「続くスポーツイベント」の創成を目指している。そのためには、①スポーツ愛好家のニーズに応え、②参加者満足度を高め、③開催地へもメリットのあるスキーム作りなどが必要不可欠と言われている。

現在、各地の地方自治体や地域に根差した団体との「共同開催方式」にてシリーズを組み立てている。開催にあたっては、地域への「実際的な経済波及効果」や「市民の巻き込み」など、地域活性化策としての機能を担保しつつ、参加者が満足できるイベント創りの実現を目的としている。今回の募集については、原則としては2013年度、または2014年度の開催が前提。同団体は、問合せ順に対応して行くという。

◎開催事例のご紹介
◇自転車イベント
 ・温泉ライダーin 加賀温泉郷(石川県加賀市)
 ・あついぞ!熊谷 BURNING MAN RACE(埼玉県熊谷市)
 ・かすみがうらエンデューロ(茨城県かすみがうら市)
 ・静岡市・身延町交流イベント「ツール・ド・安倍峠2012」(静岡県静岡市)
 ・温泉ライダーin SAKURA(栃木県さくら市)
◇ランニングイベント
 ・東京ドイツ村駅伝(千葉県袖ケ浦市)
 ・高岡ねがいみち駅伝(富山県高岡市)

◎イベント運営者としてのウィズスポの特長
1.「スポーツイベント」に魂を込めて
2.「企画」・「運営」のスペシャリスト集団
3.参加者第一主義
4.開催地ならではのユニークでオリジナルなイベント創り
5.開催地のリスク軽減