風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



ヤロスラフ・マリチャが優勝し別府は2位

2012ジャパンカップサイクルロードレース・クリテリウム

2012ジャパンカップクリテリウム(UCI公認)は、10月20日、否宇都宮大通り周回コース(1周1.55㎞)で開催され、ヤロスラフ・マリチャ(サクソバンク・ティンコフバンク)が41分51秒でゴールを制した。

別府史之も検討しレースをリード。最終周回で2位でフィニッシュ。

今年で3回目を迎え宇都宮市に定着した同レース。市中心部を貫く宇都宮から繁華街を貫くメインストリート(1周1.55km)には4万人を超える観客が集まり声援を送った。

最初の3周はチーム紹介のためのパレードラン。その後、レースがスタートし74名の選手による激走が始まった。レース展開は混沌とした状況で進みトップを奪い合う状況が繰り返された。勝負は最終周回にもちこされ、ヤロスラフ・マリチャ(サクソバンク・ティンコフバンク)制した。41分51秒の同タイムで28名がフィニッシュした。

◎上位3位リザルト
1位=0:41'51" 0'00=ヤロスラフ・マリチャ=サクソバンク・ティンコフバンク
2位=0:41'51" 0'00=別府史之=オリカ・グリーンエッジ
3位=0:41'51" 0'00=ロビー・マキュアン=クリテリウム・スペシャルチーム