風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



「惜しかった新城。ゴール150m手前で吸収」

新城幸也「シャトールークラシック」を終えて

8月19日に行われた「シャトールークラシック」を終えて、新城幸也(チームヨーロッパカー)のコメントが発表された。

写真=あまりの暑さで絶え間なく補給が必要な過酷なレースとなった。チームカーからボトルを受け取る新城。(PHOTO=飯島美和Miwa IIJIMA)

「この調子でプルエイも走れれば、プロツアーレースの優勝もある」と力強く語る。

フランス中部に位置する街シャトールーを中心に行われる伝統のレースで最後はシャトールーの街中の7.4kmの周回コースを5周走る全長201.7kmのレース。

この日はフランスでも記録的な暑さとなり、気温40℃を超える中、チームヨーロッパカー前半に出来た35人の逃げグループに新城を含む3人の選手を送り込み、積極的にレースをリードした。

周回に入ると集団は1つになり、ゴール1km手前で新城が1人アタックして、独走をはじめた。リムザンに引き続き、優勝かと思わせる果敢な走り。しかし、おしくもゴール150mで飲み込まれ、25位に終わったが、その走りに高い評価が集まった。また、チームメイトのヨハン・ジェーンが3位に入り、チームの好調ぶりを見せつけました。

リムザンの総合優勝から2日後のレースということもあり、会場中の観客や関係者、選手たちが「おめでとう」と新城に声をかけ、ホームゲームのような雰囲気だったと新城が語る。ゴール直前で吸収されたときは会場から「あぁ~残念」というため息のような声が沸き起こった。

新城は「惜しかったなぁ~。くやしい。でも、落車(ゴール前であった大きな落車)に巻き込まれなかったし、ヨハンが3位に入ってくれたし、良く走れてると思う。会場中が味方だったよ!。応援もすごい多いから嬉しいね。この調子でプルエイも走れれば、プロツアーレースの優勝もある」とコメントしている。


3位に入ったヨハン・ジェーン(PHOTO=飯島美和Miwa IIJIMA)

◎取材=飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。