風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



カテゴリー超級(HC)レースでの総合優勝は日本人初の快挙

優勝から1夜明けて新城幸也が語る

8月14日~17日までの4日間、リムザン地方で開催されていたツール・ド・リムザンにて、新城幸也が総合優勝した。レースのレベルを表すカテゴリー超級(HC)レースでの総合優勝は日本人初の快挙を成し遂げた。

写真=2006年のツール・ド・リムザンで新人賞の表彰を受ける新城(当時21歳)。表情にあどけなさが残る。(PHOTO=飯島美和Miwa IIJIMA)

思い入れの強いレースで悲願の総合優勝を果たす。

このツール・ド・リムザンは45年の歴史があり、歴代の優勝者は誰もが知る有名選手らで、2006年に新城(当時21歳)が総合3位、新人賞を獲得し、一躍フランスで脚光を浴びることになった。さらに2008年には新城のプロ初勝利となる区間優勝で、現在の所属チームヨーロッパカー(当時ブイグテレコム)へ、スカウトを受けたという、非常に相性も良く、新城自身、思い入れの強いレース。そのレースで悲願の総合優勝を果たすことができた意味は大きい。

優勝から一夜明け、新城は「チームメイトや今までフランスでお世話になったみんな、そして日本からもたくさんのお祝いメッセージが届き、驚きつつも喜びを噛みしめています。リムザンは好きなコースだし、たくさんの思い出が詰まっているレースでもあり、毎年自分自身の成長を確かめるという意味のあるレースです。だからこそ、この総合優勝は自分の成長の証しだと思います。…

21歳の自分がこのレースで初めてヨーロッパでポディウムに上がり、それから4回のグランツールをはじめ、たくさんのレースを経験し、もうすぐ28歳になる自分が進んできた道は、間違って無かったと言えます。まっすぐにこの道を進んで来れたのは、これまで道しるべを作ってくださった方々、いつも支えてくれた皆さん、すっと応援しつづけてくださる皆さんのおかげです。…
 
でも、区間優勝がなかったので、(最終日は区間2位)これで満足していません。これからも、もっともっと上を目指して信じた道をまっすぐに進んで行きたいと思いますので、皆さんの変わらぬ応援お願いします。この勢いで、26日のプロツアーレース、グランプリ・プルエイと世界戦まで狙っていきたいです」と、語っている。

新城はこの後、8月19日の「シャトールークラシック」、8月26日「グランプリ・プルエイ」と、レースが続く。

-------
◎取材=飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。