風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



多くの声援と応援に感謝して

ロンドンオリンピック

金メダル確実と言われていた地元イギリスの現世界チャンピオン、マーク・カベンディッシュの動きをマークし絶対にスプリントになる。と考え、最後のゴールスプリントに備えた走りを展開していた新城幸也(チームヨーロッパカー)は、トップチームの逃げ切り展開のため48位に終わったが、その評価は高まっている。

写真=石垣島の同級生から送られた応援旗を広げ満面の笑みを見せる新城幸也。(PHOTO=飯島美和Miwa IIJIMA)

連帯感が湧いてきて、日本選手頑張れという思いが強くなりました。

「たくさんの応援、ありがとうございました。結果で応えられずにごめんなさい。自分自身、今回のレースは何もできなかったので、悔しいという思いもありません。ロードレースに『絶対』と言う言葉はないことを実感し、4年に一度、この1日にすべて完璧に調整できたとしても、レースの展開によって、大きく流れが変わることを知りました。だからこそ、ロードレースは自分たちにとっても、オリンピックのメダルの可能性があったはず。まだ、4年後のことは考えられません」と、語った。

また、「競技に関係なく、日本選手同士で挨拶がかわされるし、同じ日本代表のジャージを着て、同じ場所で食事をしていると、今まで知らなかった競技の選手達とも日本代表という同じチームなんだという連帯感が湧いてきて、日本選手頑張れという思いが強くなりました。チームメイトを応援する感覚です。これがオリンピックなんですね」と、初めて選手村などで過ごした感想を語っている。

新城は、8月1日プロクリテリウムに出場したあと、8月14日~17日にツール・ド・リムザン、8月19日のシャトールークラシックとレースが続く。

-----
◎取材=飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。