風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



トマトとユキヤの逃げパターンでトマ・ヴォクレール勝利

ツール・ド・フランス2012=ステージ16

新城幸也(チーム・ヨーロッパカー)は、果敢な走りで逃げグループを作りレース前半の走りをコントロール。その後、トマ・ヴォクレール(チーム・ヨーロッパカー)がレースを牽引しながら95㎞あまりを激走して区間勝利を手にしステージ2勝目となった。

このレース展開は「山岳賞ねらい」と思われたが、実は「ステージねらい」だった。新城からトマへとバトンタッチされる勝ちパターン。トマ・ヴォクレールはピレーネの山岳を次々に制覇しフィニッシュした。新城はステージ74位。個人総合で87位となった。

ツール・ド・フランス2012=ステージ16=リザルト

◎ステージ結果
01=05h 35' 02'' + 00' 00''=VOECKLER Thomas 21 TEAM EUROPCAR
02=05h 36' 42'' + 01' 40''=SORENSEN Chris Anker 178 TEAM SAXO BANK-TINKOFF BANK
03=05h 38' 24'' + 03' 22''=IZAGUIRRE INSAUSTI Gorka 34 EUSKALTEL - EUSKADI
04=05h 38' 24'' + 03' 22''=VINOKOUROV Alexandre 189 ASTANA PRO TEAM
05=05h 39' 00'' + 03' 58''=FEILLU Brice 94 SAUR-SOJASUN
06=05h 39' 20'' + 04' 18''=VOIGT Jens 18 RADIOSHACK-NISSAN
07=05h 41' 10'' + 06' 08''=MARTIN Daniel 65 GARMIN-SHARP
08=05h 41' 10'' + 06' 08''=STORTONI Simone 48 LAMPRE - ISD
09=05h 41' 10'' + 06' 08''=CARUSO Gianpaolo 132 KATUSHA TEAM
10=05h 41' 13'' + 06' 11''=TEN DAM Laurens 157 RABOBANK CYCLING TEAM

◎個人総合結果(マイヨ・ジョーヌ)
01=74h 15' 32''WIGGINS Bradley 101 SKY PROCYCLING
02=74h 17' 37'' + 02' 05''=FROOME Christopher 105 SKY PROCYCLING
03=74h 17' 55'' + 02' 23''=NIBALI Vincenzo 51 LIQUIGAS-CANNONDALE
04=74h 21' 18'' + 05' 46''=VAN DEN BROECK Jurgen 111 LOTTO-BELISOL TEAM
05=74h 22' 45'' + 07' 13''=ZUBELDIA Haimar 19 RADIOSHACK-NISSAN
06=74h 23' 27'' + 07' 55''=VAN GARDEREN Tejay 9 BMC RACING TEAM
07=74h 23' 38'' + 08' 06''=EVANS Cadel 1 BMC RACING TEAM
08=74h 24' 41'' + 09' 09''=BRAJKOVIC Janez 181 ASTANA PRO TEAM
09=74h 25' 42'' + 10' 10''=ROLLAND Pierre 29 TEAM EUROPCAR
10=74h 27' 15'' + 11' 43''=PINOT Thibaut 146 FDJ-BIGMAT

----------
◎ツール・ド・フランス2012の取材は、ハブクリエイト、石垣経済新聞、南十字星エフエムと、日報サイクルが連携して実施しています。