風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



ピエリック・フェデリゴ(FDJ)がヴァンデヴェルデを下して勝利

ツール・ド・フランス2012=ステージ15

【現地取材リポート=第37報】
今朝のアタック合戦はかなり長引いた。今日のレース距離は158.5km、後半にカテゴリー4級と3級の峠が控えるものの、区間勝利は、タイム差が開けば逃げ切りの可能性、差が開かなければ追い詰めてスプリンターたちの競演という2つの筋書きがあり、選手たちはそのいずれかに賭けつつレースを進めた。

写真=ピエリック・フェデリゴ(FDJ)がヴァンデヴェルデを下して勝利を挙げた。(PHOTO=大前仁Hitoshi OMAE)

フィニッシュはヴァンデヴェルデとフェデリゴのスプリントとなり、フェデリゴがツール通算4勝目を挙げた。

勝ち逃げはトマ・ヴォクレール(ユーロップカー)を含む6人。メンバーはトマの他、ピエリック・フェデリゴ(FDJ)、クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(ガーミン・シャープ)、サミュエル・デュムラン(コフィディス)、ドリス・デヴェニンス(オメガファルマ・クイックステップ)、そしてこれにニキ・ソレンセン(サクソバンク・ティンコフバンク)が合流した。

タイム差は最大で10分を越えた。そしてポーの街へのフィニッシュはヴァンデヴェルデとフェデリゴのスプリントとなり、フェデリゴがツール通算4勝目を挙げた。マイヨジョーヌはブラドリー・ウィギンズ(チームスカイ)が守った。


スタート地点のサマタンはフォアグラで有名だそうで、かわいい子どもが子鴨とともに登場。さすがの選手たちもその可愛さに目を細めた。(PHOTO=大前仁Hitoshi OMAE)

◎取材=大前仁(Hitoshi OMAE)=ジャーナリスト、フォトグラファー。