風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



ルイス・レオン・サンチェスが2010年以来2回目の区間勝利

ツール・ド・フランス2012=ステージ14

【現地取材リポート=第35報】
ツール・ド・フランスは今年もピレネーに到着した。フランスが他国と国境を接する大きな山岳地帯はアルプスとピレネー。その両方を、コースを変えつつ毎年訪れるのがツールなのだ。

写真=区間勝利を果たしたルイス・レオン・サンチェス(ラボバンク)がミュール・ド・ペグエールを上る。サンチェスのツール区間勝利は2010年以来2回目。(PHOTO=大前仁Hitoshi OMAE)

ピーター・サガン(リクイガス・キャノンデール)やフィリップ・ジルベール(BMCレーシング)らを47秒突き放しての勝利。

今年は、第14ステージと二回目の休息日を挟んで16、17ステージがピレネー山岳だ。今日はその序盤戦、カテゴリー2級の峠1つと1級の峠2つを越え、トゥールーズ南のフォアにフィニッシュするステージだ。

11人の先頭集団は、序盤にはなかなかメイン集団から離れることができなかったが、最終的には16分ほどのタイム差を開き、そのままこれらの峠を越えてフィニッシュラインに向かった。勝ったのはルイス・レオン・サンチェス(ラボバンク)。一緒に逃げていたピーター・サガン(リクイガス・キャノンデール)やフィリップ・ジルベール(BMCレーシング)らを47秒突き放しての勝利だ。


スパークリングワインの元祖、リムーからスタートした今日のステージ。選手たちがスタートラインに並び始めると、もう報道陣が前に出る隙間すらない。(PHOTO=大前仁Hitoshi OMAE)

◎取材=大前仁(Hitoshi OMAE)=ジャーナリスト、フォトグラファー。