風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



やった。トマとユキヤのヨーロッパ-カー

ツール・ド・フランス2012=ステージ10

「エタップ10は最大に厳しい峠」と言われていた第10ステージ。平坦な前半と厳しい超山岳の後半からなる194.5km。序盤よりそうそうたる顔ぶれ25名の逃げグループができ、その中にチームヨーロッパカーのトマ・ヴォクレールと新城幸也が位置する。

新城は徹底してヴォクレールをアシスト。時にはトップを走りレースをコントロール。時にはトマ・ヴォクレールの前を走る。タイヤがバンクすると新城がそれを待って遅れた時間を取り戻すために2人が懸命に走る姿があった。

厳しい登りにさしかかると新城がトップに立ち競合選手のスピードをリード。パワーを温存したヴォクレールに後を托して逃げグループから離脱した。ヴォクレールは、スプリントをみごとに制して区間優勝を果たした。敢闘賞(combative)とマイヨアポワ(the day's winner)にも輝いた。

チームメイトのために献身的に走り続ける新城への声援は、日増しに大きくなってきている。「エースのアシスト。それが自分の役割」ときっぱりと話す小気味よさ。ユキヤが一回り大きくなっている。

ツール・ド・フランス2012=ステージ10=リザルト

◎ステージ結果
01=04h 46' 26'' + 00' 00'='VOECKLER Thomas 21 TEAM EUROPCAR
02=04h 46' 29'' + 00' 03''=SCARPONI Michele 41 LAMPRE - ISD
03=04h 46' 33'' + 00' 07''=VOIGT Jens 18 RADIOSHACK-NISSAN
04=04h 46' 49'' + 00' 23''=SANCHEZ Luis-Leon 155 RABOBANK CYCLING TEAM
05=04h 46' 56'' + 00' 30''=DEVENYNS Dries 194 OMEGA PHARMA-QUICK STEP
06=04h 49' 10'' + 02' 44''=CASAR Sandy 141 FDJ-BIGMAT
07=04h 49' 10'' + 02' 44''=MARTINEZ Egoi 35 EUSKALTEL - EUSKADI
08=04h 49' 10'' + 02' 44''=ROLLAND Pierre 29 TEAM EUROPCAR
09=04h 49' 10'' + 02' 44''=VAN DEN BROECK Jurgen 111 LOTTO-BELISOL TEAM
10=04h 49' 18'' + 02' 52''=FOFONOV Dmitriy 183 ASTANA PRO TEAM

◎個人総合結果(マイヨ・ジョーヌ)
01=43h 59' 02'' + 00' 00''=WIGGINS Bradley 101 SKY PROCYCLING
02=44h 00' 55'' + 01' 53''=EVANS Cadel 1 BMC RACING TEAM
03=44h 01' 09'' + 02' 07''=FROOME Christopher 105 SKY PROCYCLING
04=44h 01' 25'' + 02' 23''=NIBALI Vincenzo 51 LIQUIGAS-CANNONDALE
05=44h 02' 04'' + 03' 02''=MENCHOV Denis 131 KATUSHA TEAM
06=44h 02' 21'' + 03' 19''=ZUBELDIA Haimar 19 RADIOSHACK-NISSAN
07=44h 03' 25'' + 04' 23''=MONFORT Maxime 16 RADIOSHACK-NISSAN
08=44h 03' 50'' + 04' 48''=VAN DEN BROECK Jurgen 111 LOTTO-BELISOL TEAM
09=44h 04' 31'' + 05' 29''=ROCHE Nicolas 79 AG2R LA MONDIALE
10=44h 04' 33'' + 05' 31''=VAN GARDEREN Tejay 9 BMC RACING TEAM