風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



3回出場したツールの中で一番良い状態!

ツール・ド・フランス2012=休息日

【現地取材リポート=第25報】
ツール・ド・フランスプロローグと第9ステージまでを終え10日間目で休息日を迎えた。休息日といえども選手たちは1、2時間軽く脚を回す程度は自転車に乗る。その選手たちを近くで見られるチャンスのチーム宿舎には朝から多くのファンが集まり、チームが用意している応援グッズをゲットし選手からサインをもらったり、一緒に写真を撮る光景がつづく。

写真=トマ、ピエールと二人のエースと並び会見に登場した新城。(PHOTO=大前仁Hitoshi OMAE)

「エースをを守るという明確な仕事があるから、自分の仕事をするのみ」

新城は2時間ほど走り、その後チームのオフィシャル記者会見に登場。その後も単独記者会見を行い、「3回出たツールの中で一番良い状態。精神的にも、体も余裕がある。まだ、疲労は感じていない」と、言いきった。

「エースをを守るという明確な仕事があるから、自分の仕事をするのみ。チャンスがあるときはもちろん狙う。でも、タイムトライアルと最後のシャンゼリゼを除くと後9ステージしかない」。まだ9ステージも残っている。ではなく後9ステージしかないという新城の発言からまだまだ余力があることがうかがえる。

そして「今年は上れているのでピエールをアシストしながら山も良い位置で上れたら、新しい世界が広がるかもしれない。せっかくツールを走れているんだから、レースでなければ越えられないレベルにチャレンジすることが意味がある」と、たくさんの報道陣からの質問に丁寧に答えていた。

会見後、新城は毎日の日課であるマッサージを受け、また明日からの過酷なステージに備える。明日からのステージであっと驚かせることをしてくれるに違いないだろう。


ジャパンカップにも来たことがあるベテランマッサージャー、テリーのマッサージを受ける新城。(PHOTO=飯島美和Miwa IIJIMA)

◎取材=飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。