風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



サガンがカンチェラーラを下し自身初のツール区間勝利

ツール・ド・フランス2012=ステージ1

【現地取材リポート=第8報】
第1ステージはプロローグの行われたベルギー・リエージュ市街からスタートしてセランまでの198km。コースは大きく輪を描いてリエージュに戻ってくるようなものだった。チームプレゼンテーションの行われたサン・ランベール広場でスタートのセレモニーが行われ、198人の選手たちはコースに飛び出した。

写真=写真左が区間勝利を挙げたピーター・サガン(リクイガス・キャノンデール)、黄色いジャージが総合首位のマイヨジョーヌを着るファビアン・カンチェラーラ(レディオシャック・ニッサン)。写真=大前仁(Hitoshi OMAE)。

キツイと前評判通りだったラスト3kmが牙を剥いた。

ユーロップカーのヨアン・ジェーンら6人の逃げがすぐに決まり、集団は総合首位に立つファビアン・カンチェラーラ(レディオシャック・ニッサン)を守ってレディオシャックのライダーたちが集団先頭を固めた。空はときおり今にも降り出しそうな表情を見せたが、どうやら本降りは避けられた。

終盤になってこの逃げが吸収されると、キツイと前評判通りだったラスト3kmが牙を剥いた。プロフィールマップに見えないほどの急坂、そしてパヴェ(石畳)が選手を苦しめる。そのなかでカンチェラーラやピーター・サガン(リクイガス・キャノンデール)、シルヴァン・シャヴァネル(オメガファルマ・クイックステップ)らが先頭争いを繰り広げ、ゴールスプリントとなってサガンがあっさりとカンチェラーラを下し、自身初のツール区間勝利を飾った。ちなみに新城は1分25秒遅れの99位、総合では2分3秒遅れの97位に位置している。


日本のプロチーム、シマノレーシングの選手たちはたまたま遠征でベルギーに滞在中、練習途中にツールを見に現れた。

◎取材・写真=大前仁(Hitoshi OMAE)=ジャーナリスト、フォトグラファー。