風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



新城が主催者オフィシャルのチーム記者会見に登場

ツール・ド・フランス2012

【現地取材リポート=第2報】
28日、ツールドフランスの主催者側が行う公式のチーム記者会見にチームヨーロッパカーが1番手で登場した。

写真=オフィシャル会見に搭乗した新城幸也。

新城は多くのフランスメディアの取材を受けフランス語で対応。

すべてのチームが行うわけではなく、主催者の判断で呼ばれるチームは選ばれる。さらにチームの選手全員が出席する訳ではなく、注目チーム選手やエース、記者からのリクエストが多い選手がチームから出席を伝えられる。ここにチームヨーロッパカーからはトマ・ヴォクレール、ピェール・ローランと並んで新城幸也が登場した。

この日の朝、新聞で「チームぐるみのドーピング疑惑」が報じられたこともあり、会場には溢れんばかりの各国メディアがつめかけシリアスな質問が飛び交ったが、チームのゼネラルマネージャー、ジョンルネ・ベルノドーは「すべて提出するものは出している。どこを調べてもらっても疑う余地もないこと。私達のチームの強さと人気を嫉妬してるのでしょう」と堂々と潔白を表明していた。

直接、新城への質問はなかったが、最後の質問はある日本人女性が「新城がfacebookのファン投票で1位になったが、その結果はメンバーの選出に影響したか?」とジョンルネに質問しジョンルネは笑いながら、聞いていたが「彼の実力で選んだ。」と真剣な表情で答えた。

会見後の囲み取材では新城は多くのフランスメディアの取材を受け流暢なフランス語で対応。そして、日本のファンの皆さんへは「これから3週間、みなさんがハラハラドキドキして、眠れなくなるような走りが出来るように頑張りますので、応援してください。これからコースマップを見て作戦会議です」と語った。


ゼネラルマネージャー、ジョンルネ・ベルノドーは、「彼の実力で選んだ」と語る。

◎取材・写真=飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長