風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



新城幸也選手オリンピックへ-石垣市から初の五輪選手誕生

ロンドン五輪

財団法人日本自転車競技連盟は、5月1日、14時より「第30回オリンピック競技大会」と「ロンドン2012パラリンピック競技大会」の日本代表候補選手発表記者会見を行い、石垣市出身の新城幸也(チームヨーロッパ-カー)が選ばれ会見に登壇した。

「多くのファンのために全力で走り続けたい」と語る。

「第30回オリンピック競技大会」では、トラック男子に、渡邊一成、前田祐大、中川誠一郎の3名が、トラック女子に前田佳代乃の1名、ロード男子に、別府史之、新城幸也の2名が決定した。

また「ロンドン2012パラリンピック競技大会」では、藤田征樹、大城竜之、石井雅史、伊藤保文の4名が決定した。

石垣市初のオリンピック選手となった新城幸也選手は「応援してくれるファンのためにもオリンピックに全力で走りたい」とした。さにら「ロンドンオリンピックのコースは、自分に向いているコース。メダル獲得を視野に入れて走りたい」と意欲をみせた。

ヨーロッパでの落車、ケガ、そして手術を乗り切って4月29日に開催された「第15回全日本自転車競技選手権大会ロードレース」。充分な練習ができないまま、傷みを抑えての参加だった。「完走できれば充分」とみられていたが、トップの土井雪広選手(TEAM ARGOS-SHIMAQNO)に19秒の差で9位に入った。復帰の兆しは会見での笑顔にも現れていた。メディアに手首を見せたりする姿は、余裕さえ感じられた。

実は4年前。新城幸也は北京オリンピックの候補にはなったが最終選考でもれた。「今回はリベンジです」と話す。この4年間は新城幸也を大きく育てた。ツール・ド・フランスがジロでイタリアが勝負できる力を備えてのロンドンになる。

石垣市では多くの市民が「ユキヤ」を応援する。リハビリ中にも多くの激励が届いたという。「オリンピックで島のためにも力を振り絞って激走したい」と囲み取材をまとめた。週末から来週初めに日本を発ちフランスに向かう。いくつかのレースが「ユキヤ」を待っている。


会見後の囲み取材で記者の質問に答える新城幸也。