風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



「親子ジテンシャ」スペシャル展示開催

ブリヂストンサイクル株式会社

ブリヂストンサイクル株式会社(社長=竹内雄二)は、親子が一緒に楽しめる「親子ジテンシャ」スペシャル展示を、バイクフォーラム青山(東京都渋谷区神宮前)で開催している。

写真=1971年に発売され、15年にも少年たちを虜にしたジュニアスポーツ車「ヤングウェイ」。

親子で楽しめる自転車展示イベント。

今回のスペシャル展示では、ブリヂストンサイクル最新の子ども自転車と「どうやって自転車はできるんだろう」という子どもの素朴な疑問にパネルで答える。合わせて一緒に来観される両親に懐かしい自転車の展示を行う。

具体的には、車体重量がわずか7.9kgの幼児スポーツ車「Levena」、ファッション幼児車「HACCHI」、ジュニア&キッズMTBの「CROSSFIREJunior&Kids」、キッズクロスバイク「Speeder」、少女車「Sweet pea」、きらきらデコレがいっぱいの少女車「La Veena」など子ども自転車ができるまでの工程をパネルで解説する。また、子育てを応援する「Angelino」「HYDEE.B」など、子ども乗せ対応電動アシスト自転車についても解説する。

そして、両親向けには、夢中になった懐かしの自転車として歴代の名車「ロードマン」「ドレミまりちゃん」や、1971年の発売以来、15年にもわたり当時の少年たちを虜にしたジュニアスポーツ車「ヤングウェイ」の展示を行う。