風と光をあびてMY-WAY
感動的なサイクルライフスタイルを。



アンドレア・グアルディーニがステージ3連勝

ツール・ド・ランカウイ=第10ステージ

アンドレア・グアルディーニ(ファルネーゼヴィーニ)が、第8、第9ステージに続いてステージ優勝した。ヨーロップカーのマッテーオ・ペルッキも9位で健闘。日本勢では品川真寛(愛三工業レーシングチーム)が、14位に位置してゴールした。
写真=第10ステージの優勝をもぎ取るアンドレア・グアルディーニ(ファルネーゼヴィーニ)。第8、第9ステージに続いて3連勝。地元チームのサレー・ハリフ(トレンガヌプロアジア)が4位に入っている。

マッテーオ・ペルッキ(ユーロップカー)が9位に。

◎リザルト=第10ステージ=
01位=2h36'42"=+0h00'00"=アンドレア・グアルディーニ=ファルネーゼヴィーニ
02位=2h36'42"=+0h00'00"=ジェイコブ・キーオ=ユナイテッドヘルスケア
03位=2h36'42"=+0h00'00"=ソニー・コルブレッリ=コルナゴ・CSFイノックス
04位=2h36'42"=+0h00'00"=サレー・ハリフ=トレンガヌプロアジア
05位=2h36'42"=+0h00'00"=レイモンド・クレダー=ガーミン・バラクーダ
06位=2h36'42"=+0h00'00"=クリスティアン・デッレステレ=コルナゴCSFイノックス
07位=2h36'42"=+0h00'00"=ハッサン・スハルディ=マレーシアチーム
08位=2h36'45"=+0h00'03"=ロベルト・フォスター=ユナイテッドヘルスケア
09位=2h36'45"=+0h00'03"=マッテーオ・ペルッキ=ユーロップカー
10位=3h36'45"=+0h00'03"=ヴァレンティン・イグリンスキー=アスタナ
▽以下日本選手
014位=品川真寛=愛三工業レーシングチーム
041位=伊藤雅和=愛三工業レーシングチーム
051位=西谷泰治=愛三工業レーシングチーム
072位=中島康晴=愛三工業レーシングチーム
073位=鈴木謙一=愛三工業レーシングチーム
111位=盛一大=愛三工業レーシングチーム
113位=福島晋一=トレンガヌプロアジア


果敢に挑戦した福島晋一(トレンガヌプロアジア)にメディアがインタビューをしている。

最終ステージのスタートセレモニー。

アシスト選手に守られながら走るリーダージャージ。

ブルージャージを守りきるため前方に位置するアンドレア・グアルディーニ(ファルネーゼヴィーニ)

第10ステージはトケンガヌの市街地を周回するコース

◎リポートと写真は、飯島美和(Miwa IIJIMA)=チームヨーロッパカー広報アシスタント、日報サイクル欧州総局長。